201506021406554360.jpg

株式会社マルイ物産
〒802-0005
福岡県北九州市小倉北区堺町
1-2-16
十八銀行第一生命共同ビル7F
TEL.093-533-4081
FAX.093-533-5092

----------------------------------
活性メカブ抽出エキス
「グラクトール」TMの原料販売
抽出原料:活性メカブパウダー
(特許第2619778号)
抽出製造物:グラクトール
(特許第3984402号)
----------------------------------

 
006664
 

ワカメやメカブの説明

   
わかめやめかぶは、こんぶ、ひじきと同じ褐藻類の一種で、世界に比して日本でよく食べられている食品です。その起源は縄文時代にまでさかのぼることができます。
そして、わかめの胞子が岩場などに定着して発芽後、成熟すると根元に胞子葉が大きく育ってきますが、これがめかぶです。
わかめやめかぶには、カルシウムやマグネシウム、ヨウ素や食物繊維など身体に有用な栄養素が多く含まれています。
そして、海藻類に含まれる食物繊維は、野菜や穀物に含まれる食物繊維とは異なった化学構造を持ち、アルギン酸やフコイダンと呼ばれ、乾燥重量あたり約3割も含まれています。
このアルギン酸やフコイダンには有用な生体機能があることが明らかになっています。アルギン酸は海藻の粘り成分であり、その性質としてアルカリ性では水溶性を示し、酸性では不溶性を示します。
つまり、酸性度の高い胃では不溶性食物繊維として働き、小腸や大腸のようなアルカリ性の環境では水溶性食物繊維として機能することが分かっています。
また、アルギン酸塩の一種であるアルギン酸カリウムは胃の中でカリウムを分離し、腸でナトリウムを吸着することが分かっています。この働きによりカリウムは体内に吸収され、食事中のナトリウムは糞便中に排出される効果が期待できます。
低分子アルギン酸ナトリウムは胆汁酸の生合成に関係しており、間接的に血中コレステロールを低下させる働きが明らかになっています。
一方、フコイダンもアルギン酸と同様に粘りをもつ多糖類であり、免疫賦活作用(抗アレルギー作用)や抗ガン作用などが多数報告されています。これらの研究は研究室内で行われる研究結果ベースであり、人を対象とした研究の結果が待ち遠しいところです。
そして、現在の日本人(成人)の食物繊維摂取量は約14g(平成25年国民健康栄養調査結果)で、「日本人の食事摂取基準(2015年)」が示す目標量の男性20g、女性18gに達していません。食物繊維の摂取不足が生活習慣病(心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、乳がん、胃がんなど)の発症と関連がある報告が多数なされており、加えて食物繊維の摂取量と排便習慣の関連も示唆されています。
そこで、食物繊維を積極的に取る意義は大きいと言えます。健康を維持・増進するために色々な食品から継続的に食物繊維を摂取することをお勧めします。
わかめやめかぶは日常的に取りやすい食品の一つです。海藻類を摂取することでカルシウムアップも期待できるので、色々な調理法やメニューでぜひ食卓に取り入れていただきたい食品です。
 
同志社女子大学
准教授 片井 加奈子
 

 
<<株式会社マルイ物産>> 〒802-0005 福岡県北九州市小倉北区堺町1-2-16十八銀行第一生命共同ビル7F TEL:093-533-4081 FAX:093-533-5092